皆様に熊八屋マスクメロンをより安全に提供する事を目的として広島県尾道市の熊八屋の畑で採れるマスクメロンを放射能測定した結果を報告するコーナーです。
この後農家として思う事、一人の人間として思う事など書き残して置こうと思います。
世界中の人達が幸せに暮らせますようにと願っています。
 
  放射能測定まえがき
まずは、放射能測定をする事にした経緯を書いておきます。

はじまりは勿論2011年3月11日に起きた東日本大震災により東京電力福島第一原子力発電所の事故にあります。

その時は広島県にいる私も大地震と津波の被害にただ驚くばかりでした。

その後原子力発電所の事故の規模が拡大して行き災害レベルが過去最大となっていく中、放射線被害で予想される事を調べていくうちにこれは地震津波だけではない大変な事故である事がわかって来ました。

広島原爆以降今現在も被曝症状に苦しむ人がいる事からも長きに渡る被害があることがわかります。

世界各地の原子力発電所周辺地域の病気が原子力発電所のない地域と比べて何倍も多い事から、とても低い線量と考えられている放射能が人体に入り込む事により起こる現代医学では証明が難しい被害のある事もわかってきました。

地震や津波の災害に比べると目に見えない放射能が原因となる健康被害は別の恐ろしさがあると思います。

今後、途方もないほど長い時間がかかる原子力発電所の事故収束に向けた作業に関わる人や、なんとかふるさとに住み続けたい、東北関東甲信越地方の放射能汚染を少しでも減らしたい、生活を無くしたくないという人間として当たり前の心情から住居地域の「除染」という終わりのない作業に挑む事を突きつけられている人がいる事からもこの災害は語りつくせない、または言葉に出来ないほどひどいものです。

言うまでも無く、放射線による被害をこの世界からなくしたい。二度と過ちは繰り返して欲しくない。という気持ちはみんなの願いです。

それでも生きていかなくてはならない現在の状況から一体何を考えて、どうしていけば良いのか?という問題は日本のどの地域の人にも関係のある事で「これが正解」という答えの実現が困難極まる事から、それぞれがこの事に対する「応急の答え」を見つける事になると思います。

そしてもし、その答えに納得して生きていく事が出来るなら健康被害の恐怖から平常心を保てなくなったり、放射能に追い詰められ絶望を感じて生活が出来なくなってしまうという心理的な被害問題から距離を置く事が出来るかも知れません。

私個人の「応急の答え」は
放射線による内部被曝によりさまざまな健康被害があること、そして原子力発電所事故の前と比べると現在は、どの地域の食材も放射能の汚染に晒されていることを踏まえて、

「せめて子どもだけは出来る限り内部被曝の被害を減らしたい」と言う事です。

少し話は変わりますが、この自分なりの答えを考え、私は尾道市に向けて「こどもの給食から内部被曝を減らすためにより安全な提供を求める」内容の請願を通して市議会議員の方一人ひとりに説明と対話を繰り返した結果、2012年9月に尾道市議会で全議員賛成により採択され、現在実施に向けて行政との対話をして行こうと思っています。

まさか事故当時に唯驚いていただけの私が自治体に話に行く事など思いもよりませんでしたが、すべてはこどものため、納得して生きていく事の重さが少し実感できた経験となりました。

詳細やその後の経過は機会があればまた書き残しておきたいと思います。

つまり、未だ放射性物質が福島第一原子力発電所から放出し続けている事や、動植物中で濃縮されたり環境中の水の循環により徐々に世界中に広まっていく事などから定期的な食材の放射能検査により放射性物質がどのように広がっているかを調べ続け、食材の安全性の目安とする事でこどもへの内部被曝を避けるための可能性を高めて行く必要があると思います。

西日本の広島県尾道市のハウス栽培のマスクメロンの中にはどのくらい放射性物質が含まれているのでしょうか?

これを報告する事で、少しでも安全の目安になればと思います。

熊八屋マスクメロンは普段メロンを食べなかったこどもでも「熊八屋のマスクメロンだけは食べれるんょ」とのお声も頂いていますので、この検査結果をその都度ご判断頂き納得して味わって頂ける様にして行こうと思います。

以上の事を踏まえて、検査結果を見てゆき判断材料にして下さい。

「熊八屋マスクメロン2012」放射能測定結果
今回は関東地方にある市民測定所で測定をお願いしました。
上画像が測定結果ですが、これでは良く分からないので、上の部分から順番に拡大したものを示しながら観ていきます。
まずは数字で見る結果その1です。

測定日時は2012年10月10日11時52分頃でメロン約1Kgをマリネリという1リットル容器で測定した事が分かります。

分析できる放射能の種類は、ヨウ素・2種類のセシウム・カリウムの4つです。

測定時間は90分。
(この時間が長いほど正確さと検出できる限界値を下げる事が出来るそうです。普通は60分の所を今回は90分出来た様です。)

セシウム2種類の合計の値が1kgあたり2.6ベクレルであった事が分かります。
次の数字で見る結果その2を見てみます。

今回の測定の放射能を検出する限界の値は
1kがあたりヨウ素が1.10ベクレル
セシウム134が1.83ベクレル
セシウム137が1.67ベクレル
カリウムが21.6ベクレル
までのものが分かるようです。(それ以下で含まれるかどうかは不明という事です。)

その結果
ヨウ素 不検出
セシウム137 不検出
セシウム134 2.6ベクレル
カリウム 70.8ベクレル
であったと言う事が分かります。

ピーク検出マークが出たのはカリウムだけなので、セシウム134の検出は誤検出と見るのが妥当だと言う事のようです。

セシウム134とはエネルギーが半分になる時間が2年のもの。(半減期2年というそうです。)
セシウム137とは半減期が約30年というものです。
つまり、セシウム半減期が30年のものだけが検出された時は過去の核爆発由来のもの、半減期2年のものが検出されれば今回の原子力発電所事故由来のものである事が分かるそうです。

カリウムとは自然界に昔からあり、人体に蓄積され続ける事がないため人工放射線による内部被曝の危険ほど大きくない物だそうです。
このグラフから放射能が含まれているかを読み取るそうです。(私にはよく分かりませんが・・)
これを読み取るには熟練しなければならないようで測定にとても重要な部分です。
なので、説明は出来ないのですが、載せておきます。
最後に測定所からの特記事項です。

どうやら「熊八屋マスクメロン2012」からはヨウ素セシウムについては、今回の原子力発電所の事故に由来する明らかな放射能は検出されていないと言う事のようです。

その理由としては、セシウムの半減期からみて、2年のものだけが検出されている為に、誤検出の可能性が高いと言う事。
(通常は半減期2年のものがあれば半減期30年のものも含まれているはずであるから)

またそのセシウム134についてのピークが確認されて無い事。

以上の測定結果から、
「熊八屋マスクメロン2012」はともきち的に見ても「こどもに食べさせた時にも事故前以上に心配しなくて良い!
という事に成りました。(本当に良かった)

次回、「熊八屋マスクメロン2013」放射能測定を実施しますのでよろしくお願い致します。

「熊八屋マスクメロン2013」放射能測定結果
今年から、尾道市民により設立された「おのみち市民測定依頼所」に熊八屋マスクメロンの放射能測定をお願いすることにしました。

この測定所は全国でも珍しく長時間測定をして下さる所です。
長時間測定する事により「検出限界値」1Bq/Kg近くにまで測定する事が出来るようです。
長時間測定により測定できる品目数は限られるのですが低い値まで確かめられることは大きなメリットでしょう。

こちらの測定所の測定員さんのコメントも載せておきます(赤字部分)。
今年のマスクメロンもお子様にも安心してお楽しみいただけるようです。


ご依頼のありました
「メロン」
について測定結果がでましたのでお送りいたします。

結果としては、
セシウム137:<0.4Bq/kg
セシウム134:<0.4Bq/kg
カリウム40:86.5±21.2Bq/kg

との結果となりました。

また、スペクトルからみますと、

天然核種の
「カリウム40」

のみの検出と判断します。
測定開始当初は、カリウム40以外の天然核種も検出されるのかなという感じを受けましたが、
カリウム40しか天然核種はほぼないと言ってもよい結果となりました。
セシウムについては、まったくないと言ってもよいスペクトルとなっております。
安心して食べることのできる、とても良いメロンであると思われます^^


この測定所は「おのみち市民測定依頼所」で検索すると辿り着きます。
ご興味のある方はどうぞ。

つづく