お店の名前「お料理ことのは」

TEL 0845−22−5655
  
お店の場所 広島県尾道市因島田熊町

営業時間 
午前11時30分〜午後 2時
午後 5時30分〜午後 9時

定休日 毎週水曜日
第一火曜日

お店から

 「ことのは」は「言葉」の古語で和歌などで使われてきた言葉。
 言葉にのせて気持ちが語られるように、
 料理を通じてさまざまな想いを感じて頂ければ・・・

 「お料理ことのは」様にて、夜のコース料理のデザートとして「熊八屋のマスクメロン」をご利用して頂いております。

コチラは2009年オープンという新しいお店にもかかわらず、連日満席という驚きのお店なのです。料理長は「開店ラッシュかな〜」と言っておられましたが、因島の地域柄・・噂はすぐに広まります。


つまり、
「美味しかったょ」 「綺麗な料理じゃった」
「お店の雰囲気も良かったし」 「行って良かった〜」 「あんたも行ってみんさい!」

との口コミが確実に広まりはじめている証拠です。

例に漏れず私も友達からこの噂を仕入れ、「そんなにも素晴らしいお店ならば是非に」と「お料理ことのは」様の勝手口の扉をたたいたのであります・・

「このメロン食べてみて下さい」と。

普通ならここはどんなものかと食事に行くところなのですが如何せん、連日の満席。早めに予約をしないと入れないという賑わいで・・

これでは、メロンの時期が終わってしまうではないか!

ということもあり「素敵なお店に違いない」という私の直感を信じメロンを持参したのでした。


そして、サスガ。

私の直感にビビッときたお店の料理長であられました。


「あのメロンいいですね、使わせて貰いましょう」とのことで。

しかも、「加工などするよりあのままで使うのが良い」とのコトノハ(お言葉)。


いやぁ、やはりわかる方には判るんですねぇ〜
丹念に作ったマスクメロンが本来の味のまま美しい料理の横に並ぶ・・感激の極みです。

涙が出そうです。


でもまだ泣くな、泣くのはお店を紹介してからだ!

涙はお客様が喜んだ時だ!!


おぉ、泣くもんか!



ハィ。


 お店は因島南インターチェンジ入口の近くで海岸沿いの道路から少し離れた所に在り因島と生口島を結ぶ橋を見上げる感じです。

海と橋が近くにあって良い景色ですね。

駐車場は7台分有りました。
お店の玄関へとつづく廊下です。

木の柱と床、壁にある横木の色が落ち着いてて好きです。

暖簾の紫色がとても綺麗に見えました。

壁、床、柱の木材の向きが縦、横、垂直から直角という風に使われていて面白いですね。

歩くとコトコト良い音がします。

テーブル席はすべて窓際にあって、外の景色を眺めながらお食事できます。

席からは大きな橋の下を時々船が通ったりするのが見えて良い気分です。

夜はまた違った感じで綺麗でしょうね。

 お店の名前からも想像できます様に和食の料理屋さんです。

こんな素敵なところで食事できたら、そりゃあ良い気分じゃろうな〜。



じゃろうな〜・・って、そうなのです。

私まだコチラの料理を味わえてないのです。
本来ならここでお料理もご紹介ということになるのですが如何せん、まだ行けてません。
マスクメロンの時期も終わり、落ち着いて来たので早速予約して行って見たいと思います。

ということで、次回はお楽しみ!「お料理ことのは」様のお食事を紹介いたします!!

あ〜、早く食べたいぜ〜


昼の部
午前11時30分〜午後2時
ついに頂いて参りました「御料理ことのは」様です。

今回は、お昼の部に行ってみました。

こちらのお店はテーブル席は全て窓際なので、眺めの良い席に座れます。
やはり景色が良いとより美味しく頂けますな〜


お献立は

ことのは膳、彩り御膳、お子様ランチの三つがありました。


お子様ランチは、夜の部にも同じものがあるみたいですのでちょきくんも居たのですが次回にするとして、今回は「ことのは膳」と「彩り御膳」を頼みました。
彩り御膳 
 このお品の他に、珈琲とアイスが付いて1,050円はちょっとウレシイです
ちょきくんにも好評で少しづつ貰っては、「もっといる〜」とぱくぱく食べてました。
お味も素材の味が生きてる様で安心して食べさせられます。
ことのは膳 
そして、私が頂いたのはこの「ことのは膳」なのですが・・・

まずは味噌汁。

いきなりですが「美味しい」です。
皆様いままで色々な場所でかなりの回数お味噌汁に出会っていると想いますが、かなり上位にランクインされるのではないでしょうか。
最初にひとくち飲んでみて、「これは、他の料理も楽しみだ」ってなりましたから。

あぁ、味噌汁って重要品なんだな、と認識させて貰いました。
なんでこんなに美味しいのか?
美味しいチーズケーキが数種類のチーズをブレンドして作るみたいに何種類かの味噌を合わせてるんでしょうか?
残念ながら、というか当然ながら私には解りませんケド・・

・・・って、この調子で紹介してしまうといつ終わるか解らなくなるので割愛。
というよりも、いかれる方のお楽しみということにさせて頂いて。

でも少しだけ、(どっちなんだ?だって伝えしたいし・・)

林檎の天麩羅。
初めて頂きましたが、何故今まで食べ無かったのだ。
コレは全ての天麩羅料理に今すぐ付けるべきだ!と思いました。

鮭の焼き物。
オレンジを添えて焼いてあるみたいでとても良い風味がします。
鮭とオレンジの気持ち良い調和です。

この他にも、素材の味が引き出されていると感じられるほうれん草の味の濃さ、また決して味が濃い訳ではないのに粘りがあるからかしっかりと味がする豆腐、食べやすい箸の細さなどなんとも魅力的な品々、「心憎い」という言葉を思い出しました。

そうそう、ことのは膳は茶碗蒸しも付いてます。

これまた中の具が味わいやすい程良い大きさで。
和食のお店ですが、さらに珈琲とデザート付です。
深い味わいの珈琲と、甘さ控えめな二色アイス、ひとくちケーキとカットフルーツ。
これで1,580円は満足でした。

私が行ったのは12月でしたが季節によって内容も変わるのかも知れません
それはそれでまた楽しみなトコロですね。

次回は是非「夜の部」を味わいたいと思います。

つづく